自分に自信をつけたくて1年間に3つの資格を取って思ったこと

f:id:hi7ata:20190111220730j:plain

陽向(@hi7ata)です^^

 

みなさんは今までに資格を取ったこと、

または取ろうとしたことはありますか?

ある方はどういった状況の時でしょうか。

 

「学校や会社で取るように指示されたから」

「自分のスキルを高めたいと思ったから」

「単なる好奇心」

 

きっかけは色々あるかと思います。

私は大学生の時に「自分に自信をつけたくて」資格を取ろうと決めました。

 

取った資格は

漢字検定2級

秘書検定2級

簿記検定3級

の3つです。

どの資格も馴染みがある方も多いのではないかと思います。

この3つの資格を1年間で取得しました。

 

今回は私がなぜこの3つの資格を取ろうと思ったのか、

また実際に取ってみてどうだったかを書いてみたいと思います。

 

ずっと苦手だった数学の苦手意識をなくしたい

突然ですが私は小学生の頃から算数(数学)がの苦手でした。

教科書に出てくる例題やその例題に似た基本問題は解けるものの

応用問題になった途端に手も足も出なくなるのがお決まりでした。

 

おかげで高校のテストは応用問題は捨て問題。

基本問題の出来で点数が決まるので

赤点   ⇨   セーフ   ⇨   赤点     ⇨   セーフ

の繰り返しでした(笑)

昼休みを利用して先生に聞きにいったり、勉強時間を増やすようにしても

赤点だった時は思わず泣いてしまったり(笑)

そんな成績が続いたので高校を卒業する頃にはすっかり苦手意識がついてしまい

数学どころか「数字」を見るだけでもどんよりとした気持ちになるようになってしま

っていました。(笑)

 

大学生になって数学の授業がなくなり

はじめはわーい(^O^)と喜んでいたのですが、授業で時折でてくる簡単な計算に

も「ぎょっ」としてしまう自分がいて、今後もこの感覚がつきまとうのは嫌だなあと

思うようになりました。

そこで、少しでも克服できそうなものがないかを探した結果「簿記検定」を見つけ

一度受けてみよう!!!と決意しました。

 

資格を3つ取ると決めたのは不安を減らすため

そうと決まったら簿記検定3級の資格を取るために勉強しよう!

となるところですが「負けず嫌い  兼  臆病」な私は、受からなかったら苦手克服とい

う小さな希望も打ち砕かれてしまうかもしれない。。。と思い、踏み切れずにいまし

た。

そんな私が考えたのはハードルを下げて不安を減らすこと です。

 

私は昔から読書が好きだったこともあって、漢字の読み書きには自信がありました。

(はじめて見た漢字でも雰囲気で読み方が分かる時があります)

そのためまずは得意分野である漢字の資格、漢字検定2級に挑戦してみることにしました。

その後少しハードルを上げて、個人的に興味があった秘書検定2級に挑戦しました。

こうすることで「落ちてもそこまで凹まない、合格したら弾みがつく」ステップを作

りました。

 

そしていざ挑戦した簿記検定3級。

正直手応えはなく、やっぱり私には難しかったかなあと肩を落としながら帰宅したの

を覚えています。

 

ただその後に来た通知には合格の文字が!!!

これを見た瞬間1人でガッツポーズをしました。(笑)

 

資格を取って自信はついたか

資格を取って自信はついたかというと、答えは「はい」です。

ただ苦手意識はなくなったかというと、答えは「少しだけ」です。

 

普段は簿記検定で得た知識を使う機会が少ないので、勉強していた当時より数字と向

き合う機会は減りました。その分たまに複雑そうな計算を目にすると「ぎょっ」とす

る事はたまにあります。

ただ、今振り返っても「自信はついた」と改めて思います。

 

なぜなら自分の苦手と真正面から向き合ったからです。

正直どれも取得するのは難しい資格ではないかもしれません。

けれど誰に言われるでもなく自分の苦手と向き合って決めた「1年間で3つの資格を取

る」という目標を達成できた経験は私の財産になりました。

 

今後もこの経験を糧に、苦手と向き合って生きたいと思っています。